肋間神経痛

  • 姿勢を変えたときに肋骨に沿って痛みが走る
  • 呼吸をするとき片方の脇に痛みが出る
  • 物を持ちあげた際、脇に鋭い痛みが走る
  • 背中の凝りを感じ、ズキズキと痛むことがある
  • 背中を伸ばすと脇にかけて鋭い痛みが走る

肋間神経痛 | 横須賀市 いっきづか鍼灸接骨院/ふなこし鍼灸接骨院

肋間神経痛とは
肋骨の下を走行している神経が何らかの原因で痛みやシビレをきたす症状のことです。

肋間神経痛には大きく分けて2種類存在します。
◎原発性肋間神経痛◎
原因が明確ではなく、突然起こる肋間神経痛のことを言います。
不良な姿勢が続くことで胸郭周囲の筋肉が硬くなり、肋間神経を圧迫してしまうことが原因として挙げられます。

◎続発性肋間神経痛◎
肋間神経痛のうち、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、側弯症、ヘルペスウイルス
帯状疱疹、肺がん、肺炎、脊椎腫瘍など解剖学的、病的要因に明確な原因があるものをいいます。

様々な原因で起こる肋間神経痛ですが、その中でも一番多いと言われているのが不良姿勢による胸郭周囲筋肉への負担が影響して神経圧迫を起こしていることが原因として挙げられます。

肋間神経痛 | 横須賀市 いっきづか鍼灸接骨院/ふなこし鍼灸接骨院

治療
当院では身体の歪みの原因となっている骨盤の「仙腸関節」調整を行う『深部整体』という施術を行います。仙腸関節の調整に加え、骨盤の上に存在している胸椎と肋骨を繋ぐ関節「肋堆関節」を調整することで、骨盤と胸郭の動きを正常に戻し機能を回復させていきます。
また、人の身体は全身をボディースーツのような筋膜に覆われています。痛みの出ている患部、硬くなっている筋肉とは離れたところが原因で筋膜の動きを悪くしてしまい痛みを引き起こしていることもあります。そのような状態を瞬時に見抜き『深部整体』では全身の筋膜を調整し症状を軽減させていきます。

肋間神経痛などの過敏な神経の興奮を鎮める方法として、鍼灸治療も効果を期待できるため身体の状態によって深部整体と組み合わせた施術をご提案させていただきます。
※帯状疱疹後の神経症状には鍼灸治療は有効です。
帯状疱疹後の神経症状でお困りの方も、一度ご相談下さい。

肋間神経痛症状だと思っていたら、狭心症、肺がんの症状が出ていた場合もあります。
疑わしい症状の場合は一度、精密検査を行うことを提案させて頂きます。

※本文は厚生労働省認可国家資格:柔道整復師 関野健太郎
 鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師:大久保敏崇 が監修しています。