インボディ (体組成計測)

  • 基礎代謝の低下
  • 免疫力の低下
  • 体脂肪の過多
  • ミネラル不足
  • 水分不足

Inbody測定は、体を構成する基本成分である体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪を定量的に分析し、栄養状態に問題がないか、体はバランスよく発達しているかなど、人体成分の過不足を評価する検査です。

Inbody測定は手軽で正確に部位別の筋肉量・体脂肪量の変化が把握でき、この情報は食習慣・活動量など生活習慣の改善や各種治療の効果を確認するための重要な情報になります。

サルコペニア(筋肉減少症)とは

筋肉量は加齢によって減少します

加齢や栄養不良によって筋力及び筋肉量が低下する状態をサルコペニアと言います。若年者は筋肉の合成と分解の均衡が取れており、筋肉量が維持・増加しやすいですが、高齢者は筋肉の分解が合成を上回るので、加齢に伴ってサルコペニアになりやすくなります。

メタボリック症候群とは?

体脂肪量は腹部を中心に溜まりやすいです

メタボリック症候群は内臓脂肪症候群とも呼ばれます。つまり、内臓脂肪が蓄積することによって高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病が重なった状態を示します。体脂肪は体に予備のエネルギーを保存しますが、多すぎると糖尿病等の原因となり、動脈硬化を引き起こします。

体成分分析と当院の施術

体成分分析の方法には様々な観点があります

人体は何でできているか?と考えた時に、原子・分子・細胞・組織など様々な観点から分析することが出来ますが、Inbodyは体水分量が他の成分を求める基になるため、分子レベルの分析を採用しており、人体を大きく4つの成分(体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪)に分けます。

 

当院の施術

体成分分析の数値を基に日常生活で気を付けるべき食事の事や運動指導を行いながら体の症状に対して施術を行います