肉離れ

  • 運動中、「ブチッ」という音が聞こえて、痛くて動けない
  • 突然、痛くなり、晴れてきた。痛みがだんだん強くなってきた。
  • 歩くと少し痛い。痛みは無いが張を感じる。
  • 強い痛みで歩くのが辛い。内出血がある。
  • 歩けない程激しい痛みがあり押すと痛む。へこんでいる。

肉離れのことなら いっきづか鍼灸接骨院 ふなこし鍼灸接骨院

肉離れとは…

多くは、運動中に起こるふくらはぎの内側の中央上部、または大腿部後面に生じる筋繊維の損傷です。

 

体重をかけると痛みが伴う為、通常の歩行が出来なくなります。

原因 症状

原因

急激かつ強大な力が加わった時、または繰り返し起こる筋収縮によって発生します。

 

筋肉に力が入った状態で伸ばされながら収縮すると、筋力に負けて部分断裂を生じる事があります。これが「肉離れ」です。

 

しかし、本当の原因は疲労の蓄積・偏った筋肉の使い方、身体の使い方の問題によるものが大きいです。

 症状

肉離れの症状は大きく分けて3つの程度

に分けられます。

 

軽度

症状としては軽く、筋肉の結合組織がわずかに伸びてしまったり、部分的に微細な筋断裂が起こっている状態。歩行にもあまり支障が出ない状態。

 

中度

筋繊維の一部に断裂がある状態。

内出血、強い痛みで歩行が困難な状態。

 

重度

筋繊維が部分断裂、完全断裂している状態。

激しい痛みがあり、押すと痛み、凹んでいる。

自力での歩行は不可能な状態。

 

※肉離れは筋膜・筋繊維・腱の断裂の3段階で表れます。

 

普段、運動をしていない人が急に動いた時だけでなく、日頃からトレーニングや運動を行っている人にも起こりえます。

 

治っても再発しやすいと言われている症状です。

 

したがって早めの処置と繰り返さない為の予防が必要となります。

 

 なぜ再発してしまうのか?

ケガをした際、治療を開始するのが遅くなってしまったり、施術の中断が挙げられます。

 

また、痛みが軽減したからといって安易に運動を再開したり、早期に競技に復帰したいと無理にトレーニングをすると再度痛めてしまう原因になります。

肉離れ 葉山一色鍼灸接骨院 逗葉鍼灸接骨院

当院の治療法

受傷直後は、RICE(Rest:安静 Icing:冷却 Compression:圧迫 Elevation:挙上)処置を行います。

このRICE処置を行い患部の炎症を最小限に抑える必要があります。

 

また、当院ではプロアスリートやオリンピック選手も使用している

 

特殊な電気治療機(HV治療器)がございますので、保険施術と併用することにより早期回復

及び、早期の競技復帰を可能にしております。

 

通院期間・頻度としては

筋肉の過緊張や神経の炎症が原因の場合は、一か月から三か月を考えて頂く必要があります。

状態によって、通院頻度や施術内容が変わりますので、その都度最適な施術を提案致します。 

特に、「長年の無理が影響している」、「筋力や柔軟性が低下している」こういう方には、日々の筋肉トレーニングやストレッチ方法をお伝えします。

痛み改善はもちろん、痛みの出ない身体づくり目指しております。

何か不明なところがあればご相談ください。

※本文は厚生労働省認可国家資格:柔道整復師 関野健太郎

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 大久保俊崇 が監修しています。